読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs大山康晴1989-08-25竜王戦準決勝|その1 羽生の目の付け所 急所の好手

1989-08-25第02期竜王戦本戦トーナメント準決勝

羽生善治五段」vs「大山康晴十五世名人」 

1989-08-25e.png

羽生善治五段と大山十五世名人が竜王をめざす大一番で、双方力を発揮した名局だった。 △四間飛車棒銀の定跡形が出現し、そのあとどうなるのか興味深い将棋だった。 1図は△2六歩と悩ましい歩をたらしてきた局面。次の一手は「ここでか」と感心させられた。 

f:id:shogifan:20160219033049j:plain

▲9五歩

1989-08-25f.png

羽生の目の付け所 ここで端歩 急所の好手

羽生将棋のことを「目の付け所が違う」と師匠二上達也九段が評したように記憶する。この将棋はそれをまざまざ感じた。

1図で私などは飛車角をどうさばこうかと右辺ばかり見てしまうが、羽生さんは思わぬところに着手した。 ▲9五歩を見て「ここで端歩か」と感嘆した。 美濃囲いに対し桂馬と歩を持ったとき端歩突きは手筋とはいえ、早すぎるように見える突っかけだった。

だがこの早い▲9五歩はやはり急所の好手で、大山名人を大いに苦しめた。

2図以下実戦は、△3六歩▲9四歩△9二歩と進んだ。そのあと羽生さんに好サバキがあって先手優勢となった。 2図で9五同歩と取ると、9三歩、同香、8六桂、8五銀とすすむのだろうが、大山名人はこれを嫌った。しかし先手が端歩を詰めたのは大きく、やはり取るのが正着で難解な勝負だった。

大山名人にすれば味が悪くて取り切れなかったのだろう。 2図▲9五歩は勝利への第一歩となった好手だった。2図を見るたびに「目の付け所が違うなあ」と思う。 私にとって味わい深いハイライト局面だ。