読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|谷川浩司vs加藤一二三1983-06-14名人戦6局|21歳谷川浩司新名人誕生の衝撃

A04谷川浩司.十七世名人.四冠 06月対局

 1983-06-14 第41期名人戦七番勝負第6局「谷川浩司八段」vs「加藤一二三名人」棋譜

f:id:shogifan:20150529065554g:plain

谷川八段が▲ひねり飛車。 双方に逸機があり、形勢は二転三転した。図から先手の正確な寄せが見られた。

 

▲7一角△5三桂▲同成桂△同銀左▲3六桂  

f:id:shogifan:20150529065613g:plain

玉は包むように寄せよ 21歳谷川浩司新名人誕生の衝撃

勝てば名人獲得の一番、谷川新名人誕生近しという局面。

▲7一角と打ち、桂合いを強要し、取って3六に打つのがうまい寄せだった。 私などだと、ついつい5二の銀を成桂で取りたくなるところ。

このあと、△5四玉▲6六金打△6四竜▲5五金と竜を消すことになり、「玉は包むように寄せよ」のお手本のような寄せが見られて、谷川勝ち。

この勝利で、21歳の谷川新名人が誕生したことは衝撃が大きかった。 われらファンが驚いただけでなく、若手棋士にやる気を起こさせた。 高橋、南ら「55年組」は続々とタイトルを獲得したし、そのあと出てきた「羽生世代」もさぞかし刺激を受けただろう。