読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|米長邦雄 vs 升田幸三 1972-04-18 十段戦|その2 ええっ!?ここで・・・  米長の妙手

A07米長邦雄.永世棋聖.四冠.名人 04月対局

1972/04/18第11期十段戦リーグ

米長邦雄八段」vs「升田幸三九段」 

f:id:shogifan:20150417204905p:plain

別ページ「勃発」のつづき。6五の桂馬で5七の銀を成らずでとった局面。金取りだから、ふつうは「先手」であるが・・・。

 f:id:shogifan:20160228222633j:plain

▲6六香 

f:id:shogifan:20150417204922p:plain

ええっ!? ここで香打ち!? 米長の妙手

私は上記のごとく心の中で叫んでしまいました。

若き日の米長先生の鋭い読み筋。ふつう5七同金だが、8二銀でまずい。それにしても、銀を取られたうえ金取りを放置とは。香打ちは妙手だった。

▲6六香以下、△6九桂成、 同 王、6四歩、 同 香、 同 銀、 同 馬、9四歩、6五桂(3図)と進んだ。

△6九桂成と金銀を取られ大きな駒損で、通常こんな馬鹿な取引きはない。

だが▲6四同馬の局面で後手に適当な受けがないようだ。△9四歩は9五桂を消してつらい手。

f:id:shogifan:20150417204929p:plain

ベタッと▲6五桂と打って、どうもこの攻めは振りほどけないらしい。

3図以下△7一香、6三銀、5二銀、7四銀成、 同 香、7三桂成と攻めが続いて、85手まで先手米長快勝となった。

当然に見えた△6九桂成が桂馬を渡して敗着だったらしいが、ともかくも米長先生の鋭い攻めは素晴らしかった。