読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中村修vs南芳一1988-03-24王将戦7局|55年組対決を制し南が二冠に

 1988-03-24第37期王将戦七番勝負第7局

「中村 修王将」vs「南 芳一棋聖

f:id:shogifan:20150605125417g:plain

タテ歩取りとなって例を見ない形となった。後手があちこち歩を突き捨ててどうやって攻めをつなぐのかと思った。

f:id:shogifan:20160218204332j:plain

 △5七銀▲5六飛△8六飛▲同 飛△8五歩▲7六飛△6五角 

f:id:shogifan:20150605125431g:plain

55年組対決を制し南が二冠に

△5七銀から飛車斬りが南さんの見事な攻めだった。飛車の頭にちょこんと△8五歩と打たれて、先手は両取りを逃れられない。△6五角で飛車を取れる形になり、2図以下もうまく攻めて南さんが勝った。王将・棋聖の二冠王となった。

南さんはその後、タイトルを一つ失ってはまた獲り、何度か二冠王になっている。本局が自身としては初の二冠達成だった。このころ「谷川世代」ともいうべき(私の造語ですけど)、谷川浩司先生世代の棋士が目立った活躍をした。谷川世代のなかでは特に昭和55年度にプロ入りした「昭和55年組」が注目の的だった。本局の中村さんと南さんも55年組だった。だが、55年組同士のタイトル戦は案外少なかったようである。

無冠になった中村さんは、不思議とその後タイトルを獲ることはなかった。