読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|先崎学vs南芳一1991-03-04NHK杯決勝|特攻の妙手 先崎がNHK杯優勝

B{さしすせそ}棋士

1991-03-04第40回NHK杯戦決勝「先崎 学五段」vs「南 芳一棋王」 棋譜

f:id:shogifan:20150531032259g:plain

このころ先崎さんが得意としていた▲5五歩位取り中飛車だった。▲4五銀と打って△6四金と先にかわしたところ。次の先手の手は事実上の決め手だった。

 

▲5四飛

f:id:shogifan:20150531032329g:plain

飛車の特攻の妙手 先崎がNHK杯優勝

▲5四飛!! 飛車を金に当てていくとは驚いた。▲4五銀と打ったので、飛車を柱に銀で攻めるとばかり思っていた。
これは無茶苦茶な手ではなく、良い手であり、妙手だった。鬼手ともいえようか。神風特攻隊のような飛車は大戦果を挙げた。
後手は6七の銀が空振りを食わされ、2二の角はひどい壁形。だから立派に成立している手だった。△同金▲同銀のあと、▲6四歩からのと金攻めが厳しくて先手圧勝となった。

先崎さんは若手時代、棋界の暴れん坊のような存在で面白かった。先輩相手でも物おじしない、ふてぶてしい雰囲気だった。「羽生世代」では異色の存在であった。
決勝当日、タイトル保持者の南棋王相手でも平然としていた。この日は先崎さんが勝つ予感はあったが、一方的な内容になろうとは思わなかった。先崎さんらしい将棋でNHK杯優勝となった。