読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|島朗vs櫛田陽一1990-02-19NHK杯決勝|櫛田流の構え 櫛田四段がNHK杯優勝

B{かきくけこ}棋士 02月対局

1990-02-19第39回NHK杯戦決勝

「島  朗前竜王」vs「櫛田陽一四段」 棋譜

f:id:shogifan:20150529071057g:plain

四間飛車居飛車穴熊の組み合う将棋。 7七の角を3七まで移動したところ。 後手に好手が出たわけではないが、数手で後手有利となってしまう。次の手は櫛田好み。 

f:id:shogifan:20160229222939j:plain

△2二飛▲1六歩△1四歩▲6八銀△6六角

f:id:shogifan:20150529071107g:plain

櫛田流の構えで島が大錯覚 櫛田四段がNHK杯優勝

△2二飛と手堅く飛車をまわるのが櫛田流の構えだった。

ところが、島さんの▲6八銀が大錯覚の大悪手だった。すかさず△6六角と取られてひどい。 ▲6八銀は飛車が4二のままなら、このとき2四歩で先手良しなので成立する手だった。

その後後手優勢となるもやや混戦ぎみとなったが、櫛田さんが勝ち切って優勝した。

櫛田さんはアマ強豪からプロになった棋士。 四段になってすぐ全日本プロトーナメント準優勝、そしてこのNHK杯優勝と大活躍した。 自らの四間飛車を「世紀末四間飛車」と称し、得意とした。

しかし、大いに目立った活躍はプロ入り初期のみだった。自らフリークラス宣言をして、若くして引退に至ってしまった。