読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|米長邦雄vs森安秀光1982-02-13棋王戦1局|森安の飛車は毒入り

1982-02-13 第07期棋王戦五番勝負第1局「米長邦雄棋王」vs「森安秀光八段」 

1982-02-13a

森安秀光八段が挑戦した棋王戦での一局だが、奇妙な局面が出現した。△変形の石田流の将棋。先手が大きな駒得となり大優勢を思わせたが、後手は粘り強く攻め続けた。 1図のあと、目を疑う光景が見られた。

f:id:shogifan:20160218203015j:plain

 △8六飛▲8七歩△9六飛▲9七歩△9五歩

1982-02-13b

森安の飛車は毒入りサンドイッチ

飛車を自殺に行ったのがすごい手。「飛車をどうぞ」「いやいりません」と言ってるかのようなやるとりが面白い。 そして△9五歩までの奇妙な局面が現れた。飛車のサンドイッチ出来上がりである。

ただしこの飛車は毒入りで、うかつに食べると先手玉は死ぬ。実は1図に至る先手の▲7九桂が壁形にした大悪手で、この局面は後手勝勢に近いようだ。

しかし2図以下▲8六金に△同角と誤り、勝ちきることはできなかった。 9七飛成なら後手勝ちだったという。森安秀光先生の残念譜だが印象深い将棋。

この将棋は将棋世界にもこの局面が掲載されたように記憶する。新聞記事も共に河口俊彦プロが書いたと思う。