読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中村太地vs郷田真隆2013-07-22王座戦挑決戦|中村が王座挑戦へ

2013年7月22日 第61期王座戦挑戦者決定戦

郷田真隆九段 対 中村太地六段 棋譜 

2013-07-22a.png

角換り腰掛銀の将棋。 △9五歩と攻めてきたところ。ここからすごい殴り合いがはじまる。 

f:id:shogifan:20160301010726j:plain

▲1五香△1四歩▲6五歩△5五角▲7一角

2013-07-22b.png

理解困難の中盤戦 中村が王座挑戦へ

私には理解困難の中盤戦だった。△9五歩を取りそうなものだが、取ると受け身になるのを嫌ったか。 実戦は▲1五香から▲6五歩と角取り。

△5五角!が強手。▲7一角!もまたまた強手だった。 このあたり、一体何が起こっているのか? どうしてこの順なのか?解説を読んでもなかなか解釈が難しい。

本局は中村太地六段が勝って、羽生王座に挑戦することになった。昨年の棋聖戦に次ぐ羽生さんへの再挑戦だ。 中村六段は、背が高くマスクが良い。ずっと第一線で活躍する風格十分である。