読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs升田幸三1958-07-08名人戦7局|升田生涯最高の名局で名人防衛

A09升田幸三.四代名人.史上初三冠 07月対局

 1958-07-08第17期名人戦七番勝負第7局

大山康晴王将」vs「升田幸三名人」 棋譜

f:id:shogifan:20150527190850g:plain

矢倉戦。▲四手角△6四角型という当時らしい古風な駒組み。 後手の升田先生に自慢の一手がでる。 

 

△4四銀

f:id:shogifan:20150527190859g:plain

自慢の名手△4四銀 升田生涯最高の名局で名人防衛

升田幸三先生が生涯最高の一局という将棋。 これが升田先生自慢の一手で、名手であった。4五歩なら3三銀と戻って先手動きずらい。

△4四銀は相手の動きを封じる手で、先手困った。それでも大山先生は、▲6八金寄から最善を尽くして熱戦となった。

大山先生の肉薄はすごかったが、升田名人が完璧に指して会心の勝利となった。