読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|佐藤康光 vs 久保利明2009-02-08棋王戦1局|久保、見事な小駒の寄せ

2009年2月8日第34期棋王戦 五番勝負 第1局 

佐藤康光棋王 - 久保利明八段

f:id:shogifan:20160209224557g:plain

ゴキゲン中飛車から2枚角を斬る進行となる。△7五桂に6九の金を▲5八金と上がった局面。

大駒の無い後手がどう攻めをつなぐかという局面だった。

 f:id:shogifan:20160218221238j:plain

△3九銀▲1八飛△5七歩▲同金寄△8七桂成▲6九玉△7七銀成

f:id:shogifan:20160209224611g:plain

久保、見事な小駒の寄せ

△3九銀が妙手。居飛車側からすると見落としやすい手だ。この手で広そうな先手玉が急に狭く見えてきた。

さらに△5七歩がそつのない利かしで好手。△7七銀成もよい取り方。こうなって見ると、後手からは2六桂、2七銀、2九銀、6五桂などたくさんのねらいがあって、先手収集困難になっている。大駒の捕獲をねらいに、小駒ばかりで見事な寄せだった。

この後もうまく指して後手久保快勝となった。

このシリーズは久保さんがフルセットの末、初タイトル棋王を獲得した。この頃は久保さんの絶頂期で、この将棋は会心譜だった。