読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大内延介 vs 升田幸三 1975-02-03 順位戦|積極的な升田将棋

1975-02-03 第29期順位戦A級
*「大内延介八段」vs「升田幸三九段」

f:id:shogifan:20160312225247g:plain

双方銀冠で手詰まりになりやすい戦型。

升田九段らしい手がでた。

f:id:shogifan:20160312233519j:plain

△1三桂

f:id:shogifan:20160312225250g:plain

積極的な升田将棋

升田将棋はとにかく積極的で自分から技をかけにゆく。手詰まりぎみの局面でも思い切った手が出る。△1三桂のような端桂はしばしば見た。

△1三桂はただ2五の歩をパクろうという手ではなかった。7七桂なら5六歩、同銀、5五歩、4七銀(同銀なら2五桂、2八角、5四歩)、6五歩と攻めかかるという。

実戦は2図以下▲5五歩△同 飛▲5六銀△5一飛 ▲5五歩 △2五桂 ▲2八角 △2四角・・・と局面がほぐれた。

結果は後手升田勝ち。

△1三桂ですぐ形勢がどうという手ではないが、脳裏に残る手。