読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|高橋道雄vs花村元司1985-03-19棋王戦予選|花村、絶局で最高の奇手を遺す

1985-03-19 第11期棋王戦予選

「高橋道雄六段」vs「花村元司九段」 棋譜

f:id:shogifan:20150527215509g:plain

花村元司九段の有名な奇手を振り返る。矢倉で▲棒銀の将棋。先手は棒銀を守りの銀と交換して十分と思えた。1図△8六歩の突き捨てに▲同歩と取ったところで目を疑う光景が。 

f:id:shogifan:20160218011913j:plain

△1七銀 

f:id:shogifan:20150527215517g:plain

花村、絶局で最高の奇手を遺す

 △1七銀?!?!?!  花村九段でなければ思いつかないであろう、とんでもない奇手だった。

△1七銀は同香なら、4五歩、同桂、1七角成のねらい。

実戦は2図以下、▲2九飛△2六銀成!▲2五桂△3六成銀▲6八角△3五歩とすすんだ。

△2六銀成が銀の二段活用の好手。同飛は4五歩がある。

以下は、花村九段が入玉して長手数になった。高橋六段は入玉できず、投了となった。

花村九段は本局ののち亡くなったため、人生最後の一局となった。 花村九段は絶局で、棋士人生を代表する最高の奇手を遺した。

この奇手は高橋道雄九段が、雑誌で局面やこのときの心境を紹介したため、たいへんよく知られることになった。