読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|郷田真隆vs羽生善治2013-03-10NHK杯準決勝|羽生が詰みを発見

A01羽生善治.永世六冠.七冠独占 03月対局

2013年03月10日第62回NHK杯準決勝第2局 

郷田真隆棋王vs羽生善治NHK杯・三冠 棋譜

f:id:shogifan:20150526212601g:plain

ゴキゲン中飛車の終盤。 後手敗勢から詰むや詰まざるやの勝負に持ち込んだ。詰まさねば後手が負ける。 

f:id:shogifan:20160219035639j:plain

 △8六銀

f:id:shogifan:20150526212611g:plain

羽生が詰みを発見

△8六銀!と打った。秒読みのなか羽生さんはすごい表情をして、着手はぎこちなかった。2図以下▲同玉△7四桂▲7五玉△6六馬▲6四玉△7二桂▲5四玉△4四金まで羽生の勝ち。

詰将棋で見るような銀打ち。普通8五桂と桂で王手してしまうところ。7二に打つ桂を残すのがポイントだった。

ただし8八銀でも詰みであった。 同玉なら7九馬で詰むから、8六玉とするが以下同手順で詰み。(だから少し欠点のあるハイライト局面ではある)

解説の先崎八段がしきりに感心していた。私も秒読みでよく発見したと感激した。 サヨナラホームランを見るような結末だった。