読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|森安秀光vs米長邦雄1982-02-25棋王戦2局|森安の好手

1982-02-25第07期棋王戦五番勝負第2局「森安秀光八段」vs「米長邦雄棋王」 棋譜 

f:id:shogifan:20150527203957g:plain

振飛車は当時のタイトル戦では珍しかった。 9筋を破った先手が優勢と思えるが、△5四桂は攻防の手である。 先手の次の手が印象的。

 f:id:shogifan:20160218203015j:plain

▲2八玉

f:id:shogifan:20150527204008g:plain

森安の好手 お株を奪う「米長玉」へ

ぬるっと玉を圧力から遠ざけたのが好手。このあと▲1八玉の「米長玉」が出現した。 相手のお株を奪い、逆用したのが面白かった。 アマだとすぐ攻めたくなるところだが、固めてから攻めて森安快勝となった。

森安秀光九段は全盛期には四間飛車を愛用し、相手が振飛車なら相振飛車だった。 米長さんにすれば、四間飛車と戦うよりは攻め合いの将棋に・・・という目論見だったかもしれないが、森安さんは攻守に巧みだった。森安さんの好局だった。