読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|先崎学vs羽生善治1991‐02‐18NHK杯準決勝|先崎の絶妙手

1991/02/18第40回NHK杯戦準決勝第2局

「先崎 学五段」vs「羽生善治竜王」  棋譜 

f:id:shogifan:20150605090324g:plain

先崎学五段がNHK杯決勝進出を決めた一局で、棋風や終盤力が出た名局。 初手▲5六歩から▲5五歩位取り中飛車に。先手の飛車斬りから激しい将棋になった。

1図は双方玉が接近するハラハラの終盤。 

 f:id:shogifan:20160225222154j:plain

▲4三銀

f:id:shogifan:20150605090342g:plain

先崎の絶妙手

1図は双玉の詰将棋を見るような局面。 先手は後手玉に迫りたいが、逆王手があるので難しい。すぐ2一角はうまくいかない。

▲4三銀が絶妙手。同金はそこで2一角で勝ち。

2図以下、△2二玉▲3四桂△同金▲同銀成と進み、このあと後手羽生は迫ったが先手先崎勝ちとなった。

本局は中終盤のねじり合いがすごい名局だった 先崎さんは次の決勝にも勝って優勝した。本局の勝利はとてつもなく大きかった。