読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|渡辺明vs佐藤康光2006-12-20竜王戦第7局|渡辺竜王3連覇

2006年12月20・21日 竜王戦七番勝負第7局

渡辺明竜王佐藤康光棋聖 棋譜

2006-12-20.png

渡辺明竜王竜王戦3連覇を達成した一局で、柔軟な発想が面白かった。 矢倉で3筋7筋の歩を交換する角対抗型。後手△8四銀と出て、見たことのない将棋になった。 1図は8四の銀を△7三銀と引いたところだが、先手のここからの数手に驚いた。 

f:id:shogifan:20160302222831j:plain

▲5七銀△9五歩▲4六歩△6二銀▲4五歩 

2006-12-20a_201312262258305f5.png

意外な銀引き 渡辺明竜王3連覇

銀引きのお返しとばかり、▲5七銀が面白い手だった。 4六の銀を軸にどう攻めるのと思う局面なので意外だった。▲5七銀は柔軟な手だった。 後手の△7三銀は6五歩から3九角の筋を狙っていたが、その狙いが消えた。 逆に先手は▲4六歩と突いて4五歩~7一角を見せる。△6二銀はそれを防いだ。

それでも2図▲4五歩と先攻したのにはビックリした。 2図以下△同歩▲3七桂△3六角▲2六飛と進行し、長い将棋になった。 わからない戦いが続いたが先手渡辺竜王が勝った。 2図で先手ペースといえるかどうかは不明だが、戦機をつかんだのには違いない。 渡辺明さんは勝って竜王3連覇し、藤井猛九段の記録に並んだ。