読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋|渡辺明vs佐藤康光2007-12-12竜王戦6局|佐藤の金の活用法

2007年12月12日~13日第20期竜王戦七番勝負第6局

渡辺明竜王 対 佐藤康光二冠 棋譜 

2007-12-12_20131226233300c52.png 

佐藤康光二冠時代の面白い棋譜から。 「相中飛車」という珍しい将棋になった。 1図から後手は3二の金をどう使うのかと思っていたら、次の一手に驚いた。

f:id:shogifan:20160218190717j:plain

 △3三金

2007-12-12a_2013122623330287f.png

佐藤の金の活用法 新型タコ金?

4四歩から4三金が普通の発想と思う。△3三金に驚いた。次に4四金と出て行こうというもの。 まるで対ひねり飛車の「タコ金」を思わせる。相振飛車では極めて珍しい金の活用法だ。新型のタコ金か? 先手3九玉なら4四金と出て、4五歩、3五金、3六歩、2五金、3七桂、2四金と追われるが、3五歩と反撃しようというものらしい。 本譜は2図以下、▲4五銀と牽制し、△1四歩▲6六角△4四金▲同銀△同歩と、金銀交換になった。

本局は渡辺明竜王が勝って防衛、竜王4連覇を達成した一局となった。 しかし、佐藤康光さんが序盤「相中飛車」にしたり、この「タコ金」と、むしろ佐藤さんの柔軟な発想力が印象に残る棋譜である。