読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|天野宗歩vs八代伊藤宗印1856-11-17御城将棋|その1 天野宗歩の有名な手

1856-11-17御城将棋

「天野宗歩七段」vs「八代伊藤宗印七段」 

f:id:shogifan:20160309092121g:plain

幕末の棋聖、天野宗歩の将棋から。5筋を突き合い、後手が△5二飛とまわる特殊戦型。

先手に、かの有名な次の一手が出た局面。

f:id:shogifan:20160309101736j:plain

▲1八角

f:id:shogifan:20160309092133g:plain

天野宗歩の有名な遠見の角

 ▲1八角と打ったのが、あまりにも有名な「遠見の角」である。

香車の上に角を打つこの手は、当時とすれば斬新で仰天の一手だったのではないか。 そしてこの手を有名にしたのは、御城将棋という大舞台で宗歩が宗印を相手に勝ったことが大きい。 負けていれば埋もれていたであろう。

本局は宗歩の快勝だった。 

ただし、この手は名手とする見解もあるが別の見解もある。

天野宗歩将棋の著書での中原誠十六世名人の見解は、次のようなものだった。 「▲1八角は仕方なく打ったのではないか。正確に受ければ後手が悪くなかった」という旨だった。

なるほど、5四の歩を取らせないための苦心の一着にも見える。中原先生の冷静な見解で面白い。 難しいことはさておいても、この角は見ているだけでもとても面白い。 飛車の横、香車の頭という狭い所。左上方向にしか動けない。

 遠見の角は現代将棋にもしばしば現れる。時に好手となり、時に局面打開の一手になる。 これを定跡化した第一歩が天野宗歩の本局なのだろう。

その2につづく。