読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|河口俊彦vs谷川浩司1979-11-16C1順位戦|河口が谷川に快勝

1979/11/16第38期順位戦C級1組05回戦

河口俊彦五段」vs「谷川浩司五段」

1979-11-16.png

河口俊彦五段が玉頭戦を制して快勝した一局。▲四間飛車△右四間飛車の将棋だった。先手は玉頭が怖いが、ここから3手ひと組の見事な対応だった。

 f:id:shogifan:20160229224002j:plain

 ▲4五銀△3五飛▲3七桂

1979-11-16a_20131228064524380.png

河口が谷川に快勝

後手から4四角~2七銀の手段が見えて怖い局面。 ▲4五銀から3七桂で、飛車を捕獲するのが好判断だった。 2図以下、△4四歩▲3六歩の取り合いになったが、終始うまく指した河口五段快勝となった。

引退棋士河口俊彦七段は、観戦記などの文筆家として有名すぎる方だ。ご自身の将棋は本局のように四間飛車が多かったようである。

本局は確か谷川浩司名人誕生のあと、「将棋世界」の別冊で実戦集が出て、そこで見た将棋だったと記憶する。 谷川先生は順位戦ではほとんど負けずスピード昇段だった。 本局は私のなかで「谷川名人の順位戦で数少ない敗局のひとつ」ということでインパクトがあったのだ。

河口さんの文は、特に大山康晴先生に関するものが楽しかった。 あのような文が書けるのは、自身がプロ棋士の世界に生き、厳しい勝負を経験されたからだろう。