読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋|米長邦雄vs島朗1988-11-16竜王戦4局|島が初代竜王に

11月対局

1988-11-16 第01期竜王戦七番勝負第4局「米長邦雄九段」vs「島  朗六段」

1988-11-16.png

最初の竜王戦で、島朗六段が米長邦雄九段を破り初代竜王を獲得した一局。 矢倉で△6二飛戦法の将棋。 △6六歩▲6八金引とへこましたところ。後手はここから数手、攻めの継続が巧みだった。 

 

△4四銀▲2六角△1四歩▲4六歩△1三角▲5七金△3六歩 

1988-11-16a_20131228064558e8f.png

島朗が初代竜王になる

△4四銀は角道をふさぐので、一瞬愚形である。 しかし△1四歩から端に角をのぞくのが好着想だった。 ▲5七金に2図△3六歩が好手。このあと△3五銀と出て後手完勝となった。

初代竜王を決める七番勝負は、ここまで意外や島3連勝だった。本局で島さんが初代の竜王となったが、4局とも島圧勝といっていい内容だった。

高橋、南、中村、塚田らとの”55年組”のなかで、島朗九段はタイトル獲得が遅かった。 だが新設された大型棋戦の「初代竜王」として棋史に名を遺すことになった。 島九段はA級は長く、何度かタイトル戦に登場したが、以外やタイトルはこの竜王一期のみであった。