読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|勝浦修vs大山康晴1981-11-13王座戦3局|大山流受けつぶしの術

1981-11-13 第29回王座戦三番勝負第3局

「勝浦 修八段」vs「大山康晴王座・王将」 

1981-11-13.png

大山康晴王座防衛(当時は準タイトル)の一局。 △四間飛車から石田流、▲玉頭位取りから穴熊に組み換えた将棋。後手が桂馬をさばいて桂得になる。 後手大いに優勢だが、先手玉が遠いのでまだ油断ならない。次の一手がまさに大山流。 

f:id:shogifan:20160229082610j:plain

△6二桂 

1981-11-13a_2013122806455647d.png

大山流受けつぶしの術

△6二桂が大山流の好手。 アマチュアには指せない手。攻め急いでもつれるだろう。 2図のあとは△7四桂といやみな歩を取り、先手の角を引かせ銀を釘づけにした。 最後は先手が切れ筋になる「受けつぶし」で投了に追い込んだ。

2図の桂打ちが受けつぶしの序章であった。 大山康晴十五世名人は、優勢になってからの安定感はすごかった。 本局は王座戦最終局の負けられない将棋で、まことに手堅かった。