読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs升田幸三1955-10-29読売オール八段戦決勝2局|升田らしい動き

 1955-10-29第4回読売オール八段戦決勝三番勝負第2局

大山康晴名人」vs「升田幸三八段」

1955-10-29a_20131231120206e61.png

升田幸三大山康晴横綱対決の将棋から。 矢倉で△袖飛車の趣向。

ふつうの囲い合いになるかと思ったが間もなく駒がぶつかった。

f:id:shogifan:20160218001739j:plain

△5三金▲7五歩△4四金▲7六銀△5二飛▲6八角△5五歩▲同歩△同金

1955-10-29b.png

升田らしい動き 金を繰り出す  

4四歩と突くのかなと思ったら、△5三金!△4四金!とすごい金出(で)。 △5二飛とまわって5筋を突破するのが狙いだった。

2図となっては後手がうまく中央を制圧した。 こうなると▲7五歩・7六銀の形は弱く、4八の銀が出遅れている。 大山名人は▲5七銀△5六歩▲4六銀と反発したが、後手が猛攻を浴びせて快勝となった。

金を繰り出して行ったのはいかにも升田先生らしい動きだった。 柔軟な発想ができないと思い浮かばない。