読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs米長邦雄1986-10-20NHK杯|16歳羽生四段が米長十段を下す

1986-10-20 第36回NHK杯戦2回戦第16局「羽生善治四段」vs「米長邦雄十段」

1986-10-20a_20140101010620e8c.png

羽生善治四段時代の将棋で、落ち着いた指しまわしが見られた。 同型矢倉模様から後手が3一玉のまま激しく攻めた将棋だった。先手羽生四段の対応は見事だった。 

f:id:shogifan:20160219040541j:plain

▲6八飛△6四歩▲7四歩△1五角▲7三歩成△4二飛▲6九飛

1986-10-20b.png

幸便な飛車まわり 16歳羽生四段が米長十段を下す

▲6八飛が幸便な飛車まわり。6六歩なら同角と取っちゃうのだろう。 △6四歩と辛抱したが6四角出がなくなってしまったのが痛い。 そう打たせて悠々と▲7四歩の“と金攻め”。 そして△1五角出には、歩成からじっと▲6九飛と引いて角成を受けている。 このときすでに実力は一流で、落ち着いた心憎い指しまわしだ。 角を取られそうな後手は2図から△4五銀▲同銀△3三桂と暴れたが、先手羽生が落ち着いて対応して快勝した。

羽生善治さんは四段時代からNHK杯で勝ちまくった。 本局は当時16歳の羽生四段vs米長邦雄十段という新人とタイトル保持者だったが、どちらがタイトル保持者かわからないような内容だった。