読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|谷川浩司vs福崎文吾1991-10-14王座戦5局|福崎、妙手で王座獲得

 1991-10-14 第39期王座戦五番勝負第5局千日手指し直し局「谷川浩司王座」vs「福崎文吾八段」

1991-10-14a.png

福崎文吾八段がこの人らしい妙手で王座を獲得した一局。 矢倉戦▲4六銀戦法に対し、後手が△6四銀・7三桂・8五歩の形で先行した。きわどい終盤になって後手にびっくりの手が出た。

 f:id:shogifan:20160218212831j:plain

 △9六桂

1991-10-14b.png

福崎、妙手で王座獲得

2図がまさにハイライト局面。歩頭に打つ△9六桂!が妙手だった。 同歩なら8七歩成から8六歩で詰む。このとき9六に逃げられないための捨て駒だった。 それにしてもわざわざ玉を広くするような捨て駒とは。

実戦は2図で▲7九玉だったが、△3一角と詰めろを防いで以下、勝ちになった。 福崎さんらしい妙手で王座を獲得した。

福崎さんは振飛車穴熊を得意としたが、この王座戦は矢倉も交えて戦った。 福崎さんは、好調になると爆発的な力を発揮した。 タイトル挑戦は2回だが、十段とこの王座と、2度とも獲得している。 タイトルを2回も獲りながら、A級経験がないのもこの人らしかった。 妖刀というか、奇手のような手が多く、花村元司九段と似たところもあった。