読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|石田和雄vs中原誠1972-09-29新人王戦記念対局|新人王石田が中原名人に快勝

09月対局 B{あいうえお}棋士

1972-09-29第03回新人王戦記念対局

石田和雄六段」vs「中原 誠名人」 

1972-09-29a_20140102121433456.png

石田和雄六段が新人王らしい元気な指し手を見せた好局だった。 矢倉戦で▲3七銀型のスズメ刺しに対し、中原名人が3七の銀を角で取る強攻に出た。1図は4一の玉を早逃げしたところだが、石田新人王の指し手は素晴らしかった。 

f:id:shogifan:20160226052753j:plain

▲2三と△同金▲5七角△4九飛成▲4八角△同竜▲3二銀 

1972-09-29b.png

大事そうなと金を捨てる 新人王石田が中原名人に快勝

と金を捨てて角をさっと引く。一瞬何をするのかと思った。 清算して▲3二銀が▲4一銀打ちを見た急所。このためのと金捨てだった。 2図の寄せ形になっては名人も粘りようがなく、新人王石田六段の快勝となった。

石田和雄先生は、若手時代は勢いがあった。 本局は中原名人の強攻が無理筋だったようだが、的確に対応して勝利した好局だった。