読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|深浦康市vs羽生善治2007‐09‐25王位戦7局|俗手の好手 深浦が王位獲得

2007‐09‐25第48期王位戦七番勝負第7局 

羽生善治王位-深浦康市八段

2007-09-25a.png

深浦康市八段が王位を獲得した一局。 はじめ△ゴキゲン中飛車▲舟囲いで、△石田流▲穴熊という組み換えが行われ、激戦になった。 1図は後手ペースかと思ったが、先手が穴熊らしい執ように食らいつく攻めが見られた。 

f:id:shogifan:20160301125003j:plain

▲4一角△6二金打▲6三角成△同金▲5三金△7一角▲4二銀

2007-09-25b.png

俗手の好手 深浦が王位獲得

▲4一角は筋で、アマチュアでも指したくなる手。△6二金打ちは手厚い強防だが、角斬りから金打ちで食らいつく。△7一角も強防。

そしてさらに▲4二銀と足したのがすごい。なんという重い攻めか。俗手を得意とするアマチュアでも思いつかないかもしれない。だがこれがうるさかった。プロならではの「俗手の好手」だったと思う。

2図以下、△6二金引▲7七角と難しい戦いが続いたが、終始攻めた先手深浦八段が勝った。 深浦さんが初タイトルとなる王位を獲得した。

深浦康市さんは勝率が高く、王者羽生さんとほぼ五分の対戦成績だった。こんな人でもタイトル獲得となると大変なのが、厳しい厳しいプロ棋界の現実なのだ。