読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|広瀬章人vs瀬川晶司2013‐07‐21NHK杯|広瀬の見事な・・・

07月対局 B{はひふへほ}棋士

2013年07月21日第63回NHK杯1回戦第16局

広瀬章人七段―瀬川晶司五段 棋譜 

2013-07-21a_20140106062718fc5.png

角換り腰掛銀で△6五歩型の将棋。 どちらがいいのかわからない将棋だった。 図で、後手玉が寄るかだが、先手の手は私には全く見えなかった。

 f:id:shogifan:20160301121521j:plain

▲4四飛 

2013-07-21b.png

上から飛車 広瀬の見事な即詰み

私は4一飛でも6二飛でも詰まなくて、どうするのかと考えていた。 2図の▲4四飛を見て「あっ」と驚いた。なるほど、4三歩なら4一角成!で詰む。この▲4四飛は見えづらい。

実戦は、△3一玉▲4一角成△2二玉▲4二飛成△1三玉▲3一馬△2四玉▲3六桂で投了となった。最後の桂馬もぴったり。 広瀬章人七段は1図の前から長手数の見事な即詰みを見せたのだった。解説の飯島栄治七段も感心していた。