読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|森内俊之vs羽生善治2013-07-19竜王戦決勝トーナメント|森内が裸玉から

A06森内俊之.十八世名人.三冠 07月対局

2013年7月19日 第26期竜王戦決勝トーナメント 森内俊之名人 対 羽生善治三冠  棋譜

2013-07-19a_20140106062641d9e.png

森内俊之名人と羽生善治三冠という竜王戦決勝Tの注目の好カードより。 角換わり腰掛け銀で△穴熊だった。先手が猛攻した将棋。1図、先手は飛車が成って自陣は手つかずだが。 

f:id:shogifan:20160219043010j:plain

△8六桂

2013-07-19b.png

森内が裸玉から難度の超高い寄せ

1図はたいていのアマチュアなら、先手が堅陣に見えて好調と思うだろう。後手は裸玉でいかにも危ない。

ところがいきなり△8六桂と打つのが手筋の好手で、先手玉は寄り筋に入ってしまう。 2図以下、▲同歩△同歩▲同銀△8七歩▲7七玉△8八銀と進んで、あっという間に先手陣崩壊である。△8七歩がまたまた手筋の好手でどう応じても先手がまずいらしい。このあとも森内名人が完璧に寄せて勝った。

2図の桂打ちから、圧巻の寄せだった。 私は棋譜を追って雰囲気を味わっているだけで、一手一手に潜む変化をとても解析できない。凡人には無理。森内名人の寄せは、難度の超高い寄せであった。