読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|三浦弘行vsGPS将棋2013-04-20電王戦第5局|コンピュータがA級棋士に勝った

*コンピュータ将棋ソフト

2013年04月23日 第2回 電王戦第5局

三浦弘行八段 vs GPS将棋 

f:id:shogifan:20150413064442p:plain 

三浦弘行八段が得意の▲矢倉脇システムを採用。コンピュータが無理気味の速攻を見せたのが話題になった。1図から後手GPS将棋は完璧に寄せた。

 f:id:shogifan:20160302221347j:plain

 △9四銀▲9五銀△7三桂▲4一角△8三歩

f:id:shogifan:20150413064457p:plain

コンピュータがA級棋士に勝った! 完璧な寄せに唸る

第2回電王戦はマスコミの取り上げ方がすごかった。第二局、三局と続けてプロ棋士が負け、第四局はかろうじて引き分け。そのため最終局の本局は注目度が最高潮に達していたであろう。

ハイライトは、終局近くの90手目△9四銀からの寄せ。2図以下、▲9一金△9五銀▲同玉△8四銀▲9六玉△9九と▲9五桂△9四香で終局。△7三桂から△8三歩。銀を打ち替え△9九とで香車補充。

小駒だけだから間違えると大変だが、全く完璧な寄せに「うーむ」と唸るのみ。 とうとうコンピュータがA級棋士に勝利してしまった。

三浦八段が金銀を盛り上がっていったのは強引な感じがあったし、ニコニコのコメントにはそのへんを敗因と指摘するものもあった。

それにしても、それにしてもである。三浦八段の指し手がややおかしかったにせよ、それを正確にとがめるのは容易でない。

▲8一金と飛車を取った局面など、ぱっと見、先手玉は捕まるのだろうかと思えた。 大駒を失ってしまう手順で、最後小駒だけでもきっちり捕まっているのだった。わたしなどのレベルの人なら、大駒がなくなってしまう指し方はできない。先手玉が逃げられないのを読み切っていないと、冒頭のハイライトに導けないわけで、コンピュータの正確な読みに感嘆した。

本局は、仕掛けが無理に見えた以外は、コンピュータに疑問手のようなものは見られなかった。三浦八段の指し手に正確に対応した。唸るのみである。

seiga.nicovideo.jp

遠山雄亮のファニースペース 電王戦第5局のGPS将棋の読み筋を精査してみました