読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs森内俊之2013-04-09名人戦1局|森内の決断

A06森内俊之.十八世名人.三冠 04月対局

2013-04-09第71期名人戦七番勝負第1局

羽生善治三冠 vs 森内俊之名人 棋譜

f:id:shogifan:20150530214124g:plain

森内俊之名人が攻守にうまく指した将棋だった。 相掛かり▲3六銀戦法は、名人戦では久しぶりの相掛かりだった。 1図は▲4六角と持ち駒を打ったところ。後手の次の手は決断の手だった。

 f:id:shogifan:20160219035325j:plain

△4四桂

f:id:shogifan:20150530214135g:plain

森内の決断 珍しい桂馬の打ち場所

△4四桂が私としてはハイライト局面だった。 2図以下、▲2七銀△5四銀と進んだ。銀を引かせるのは気持ちがいいが、働くかどうか決断のいる桂打ちだ。相居飛車では、珍しい桂馬の打ち場所と思う。

結果的には、銀と連携して5六に跳ねることになり大活躍した。 森内名人の勝因のひとつといえると思う。