読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|森雞二vs中原誠1978-03-15名人戦1局|森の返し技の好手順

 1978/03/15-16第36期名人戦第1局 先手:森けい二八段 後手:中原 誠名人 棋譜

f:id:shogifan:20150527214403g:plain

森けい二八段「剃髪の挑戦」と言われた名人戦の初戦から。▲中飛車の出だしから、変わった経緯で後手が角交換を狙う展開になった。△2二角と桂取りに打った1図だが、後手二枚銀の形に違和感がある。

f:id:shogifan:20160218204947j:plain

▲8五桂△同桂▲4六角

f:id:shogifan:20150527214424g:plain

森の返し技の好手順 剃髪の挑戦、初戦は快勝

後手6三銀型が違和感のあるところ。通常は6二銀の形だ。 先手が4五歩と伸びているのも通常と違う。 1図では素直に指すと6七飛と上がるところ。ところが思わぬ返し技があった。 ▲8五桂と跳ねて、▲4六角が面白い反撃で好手順だった。これが打てるのは4五歩型だからだ。

2図以下、△7七桂成▲8二角成△6八成桂のとき▲6四歩が痛打となった。6三銀型をうまくとがめた。 このあと先手があっという間に寄せて快勝となった。