読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴 vs 中原誠 1967-11-21 棋聖戦|その2 中原、大山との初対局で快勝

11月対局 A03中原誠.十六世名人.五冠

1967-11-21 第11期棋聖戦本戦準決勝
*「大山康晴名人」vs「中原 誠五段」

f:id:shogifan:20160309175854g:plain

その1のつづき。

後手に思わぬ寄せの好手があった。

f:id:shogifan:20160218213211j:plain

△6七金▲同銀△同馬

f:id:shogifan:20160309175857g:plain

中原、大山との初対局で快勝

1図で△6七金とベタッと打ったのが俗手の好手。金のない相手に金を渡すからうっかりする手である。これを見て大山名人は長考した。受からぬことがわかり、愕然とされたであろう。

2図は先手受かりそうで受からない。4八金打ちが形だが4五馬が痛すぎる。

▲6八金と打ったが、△同角成▲同銀△2七香成▲同玉△5八角成▲同金△3九飛で寄り形。以下数手で後手勝ちとなった。

こうして大山ー中原の初対局は中原快勝となった。この勢いで山田棋聖に挑戦することになる。中原先生20歳のときであった。