読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴 vs 中原誠 1967-11-21 棋聖戦|その1 中原、大山との初対局

1967-11-21 第11期棋聖戦本戦準決勝
*「大山康晴名人」vs「中原 誠五段」

f:id:shogifan:20160309175738g:plain

数ある大山ー中原戦の初顔合わせの一局。「中原誠五段」という肩書が古めかしい。

6三飛成が見えているが後手にうまい手があった。

f:id:shogifan:20160218213211j:plain

△2四香▲8一飛△8九馬▲5七銀△5一金右f:id:shogifan:20160309175742g:plain

中原、大山との初対局

直接6三を受けるのではなく△2四香が攻防の好手。先手は6三飛成としたいが、後手は8一角!という用意の大好手があって「ギャッ」となるのだ。

仕方なく▲8一飛と金取りに打ったが△8九馬と利かすのがいい手。▲5七銀に△5一金と手を戻す。

2図でも6三飛成としたいが、4五角の好手があってこれまた「ギャッ」となる。

2図で仕方なく▲9一飛成としたが、△7九角▲5八飛となり結局先手は6三飛成とできなかったのである。

つづきあり、その2で。