読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治 vs 郷田真隆 1994-09-19 王位戦第7局|羽生が王位防衛

09月対局 A01羽生善治.永世六冠.七冠独占

1994/09/19第35期王位戦七番勝負第7局
*「羽生善治王位」vs「郷田真隆五段」

f:id:shogifan:20160303082325g:plain

先手はここから地味に攻めた。

f:id:shogifan:20160219052737j:plain

▲5五歩△4四金▲4六歩 

f:id:shogifan:20160303082346g:plain

羽生が王位防衛

▲5五歩と打つ。6四金だと4四歩が利いてダメそうだ。

で、△4四金と寄ったが▲4六歩が手筋の好手。同歩なら4五歩だし、後手は馬筋を遮断されているのが痛い。地味な攻めだがきびしく、このあと先手羽生勝ちとなった。

1992年郷田さんが谷川さんから王位を奪取し、翌年羽生が奪い、このシリーズはその翌年のリーターンマッチだった。

この王位戦シリーズは郷田さんが短手数で快勝した将棋もあったが、フルセットの大激戦の末、羽生さんが王位を防衛した。翌年も郷田さんが挑戦者となり3年連続同一カードとなったが、羽生さんが連続防衛を果たした。

郷田さんとの大勝負を制したことは大きく、羽生さんは1996年に七冠独占を達成することになる。