読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|桐山清澄 vs 米長邦雄 1986-07-01 棋聖戦第2局|その1 桐山、タイトル戦で珍しい・・・

07月対局 B{かきくけこ}棋士

第48期棋聖戦五番勝負第2局
*「桐山清澄九段」vs「米長邦雄十段」

f:id:shogifan:20160309130600g:plain

何気ない角換りの序盤、この当時はあまり見ない手が。

f:id:shogifan:20160304071833j:plain

▲4五角

f:id:shogifan:20160309130603g:plain

桐山、タイトル戦で珍しい筋違い角

▲4五角と打つ「筋違い角」は、その昔の▲升田△木村の名人戦で現れたが、この当時の公式戦ではあまり指す棋士がいないようであった。

筋違い角は序盤早々歩をパクっと得できるが、打った角の活用が難しい。そのためかプロだけでなくアマチュアにも人気がないようだ。

そんな下火の筋違い角をタイトルに挑戦する桐山先生が指したものだから驚いた。

以下△5二金▲3四角△3三銀▲5六角△5四歩と進行。△5二金から△5四歩が後手の有力な指し方。

 つづきあり、その2で。