読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|桐山清澄 vs 米長邦雄 1986-07-01 棋聖戦第2局|その2 桐山の個性がよくでた好局

第48期棋聖戦五番勝負第2局
*「桐山清澄九段」vs「米長邦雄十段」 

f:id:shogifan:20160309133254g:plain

その1の続き。

△7七歩の金取りに先手は対処しなければいけないが・・・。

f:id:shogifan:20160304071833j:plain

▲8八金

f:id:shogifan:20160309133257g:plain

桐山の個性がよくでた好局

△7七歩に同桂だと5七桂成、同金、7六歩がいやに映る。

とはいえ▲8八金はすごい辛抱。カベ金のうえ玉頭に歩が残る。すごい「利かされ」で嫌われる形である。しかしこうされると後手もすぐに攻める手はないようだ。

2図以下△4四歩▲3六角△5三金と進むが、そこで▲7四歩が好手(同飛は5四角、同金、6三銀)でうまく反撃し、と金を作って先手優勢となった。

筋違い角をうまく活用して先手桐山勝ち。

桐山先生は好形からきれいに攻めるという将棋ではなかった。見慣れない形に組み、どこかぎこちない印象の棋風であった。桐山将棋はよく「いぶし銀」といわれた。

本局は序盤の筋違い角やこの金寄りなど、桐山先生の個性がよくでた好局だった。本局の勝利で棋聖位をたぐり寄せた。

山九段はこのあと3-1でみごと棋聖奪取となる。