読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|桐山清澄 vs 中原誠 1981-05-19 名人戦第4局|桐山の鬼手

1981/05/19第39期名人戦七番勝負第4局
*「桐山清澄八段」vs「中原 誠名人」

f:id:shogifan:20160304071439g:plain

先手は7一に竜がいるが桂損で攻めが細いように見えた。

どう攻め続けるのかと思ったが・・・。

f:id:shogifan:20160304071833j:plain

▲4四角

f:id:shogifan:20160304071447g:plain

桐山の鬼手 名人戦初勝利

▲4四角! ええっ?何かの間違い?と目を疑った。

2図以下、同玉、8二竜、同銀、4五飛、5四王、4一飛成と進んで納得。8二に飛車の質駒があった。そのあと小駒でうまく寄せて先手勝ちとなった。▲4四角は攻めをつなぐ起死回生の鬼手だった。

桐山八段は名人戦初勝利。しかし次局で敗れ1-4で名人挑戦は終わった。桐山八段はひねり飛車一局のほかは全て振飛車だったが、内容は完敗のシリーズだった。

桐山清澄九段はこの当時は振飛車党だった。しかしその後A級に在籍しながら居飛車党に転向する。昨今の広瀬八段なども同様の例だが、この当時でもチョー大胆なことだった。今以上に居飛車党、振飛車党の区別ははっきりしていたように思うし・・・。

桐山先生の居飛車党転向は功を奏して、のちに棋聖棋王のタイトルを獲得することになる。「いぶし銀」と言われ地味な存在の桐山先生だがそうしたドラマがあった。