読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|升田幸三vs大山康晴1966/04/21名人戦第2局|升田の名手 有名な局面

04月対局 A09升田幸三.四代名人.史上初三冠

1966(昭和41年)/04/21第25期名人戦七番勝負第2局
*「升田幸三九段」vs「大山康晴名人」

f:id:shogifan:20160323170925g:plain

角換りで後手右玉の将棋。

先手升田、一時間ほどの長考の末に指したという。

f:id:shogifan:20160313072823j:plain

▲1八角

f:id:shogifan:20160323170927g:plain

升田の名手”遠見の角” 有名な局面

▲1八角と打つ天野宗歩ばりの「遠見の角」が指された。名人戦という大舞台であり、2図は升田の遠見の角で知られる有名な局面である。

以下△6一玉 ▲3八飛 △5二玉 ▲5六歩 △同 歩 ▲同 銀△3四歩 ▲3七桂で3図。

f:id:shogifan:20160323185321g:plain

△6一玉の引っ越しは7五歩、同歩、7四歩があるためやむを得ない。それがなくとも後手は角の直射がなんとも嫌味である。

3図▲3七桂となり先手は桂馬が活用できた。▲1八角の効果で2七角や2九角を防いでいるのがわかる。

遠見の角を打ってすぐ先手優勢というわけではないが、攻撃態勢を築くことができた。2図の遠見の角は局面を有利に進める名手であった。

結果は先手升田勝ち。