読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|山崎隆之vs PONANZA2016/04/09電王戦第1局| コンピュータの素晴らしい妙手順

2016/04/09第1期電王戦 二番勝負 第1局

山崎隆之叡王 vs PONANZA

f:id:shogifan:20160413060226g:plain

先手の次の手は必然と思ったら、とんでもない3手ひと組の妙手順があった。

f:id:shogifan:20160413061526j:plain

▲8二歩成△同銀▲6五桂

f:id:shogifan:20160413060234g:plain

コンピュータの3手ひと組の素晴らしい妙手順

先手はとりあえず2八歩が必然手と思っていた。あやまっておいて8二銀と打っていけばいいではないかと。

ところがポナンザが▲8二歩成と大事そうな拠点の歩を成り捨てたので驚いた。「ひえっ???一体何すんの???」と。

△同銀に▲6五桂!が妙手順だった。飛車の利きで同飛と取れてしまうではないか。だがそれには2二歩で後手が思わしくない。後手は5三桂の傷があるのが痛い。

2図で5二歩なら8五飛、8四歩、5三桂不成。この変化が絶品だった。桂馬を跳ねられた2図は山崎八段にはさぞかし寒い寒い時間だっただろう。

実戦は△3 一角と頑張ったが▲5 四銀△2 九飛成▲5 三桂不成△同 角▲同銀成で先手優勢。結果は先手ポナンザの快勝となった。

今までコンピュータには驚かされる手順をしばしば見せてもらったが、またまた見せてもらった。素晴らしい妙手順だった。