読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|村山慈明-千田翔太2016年03月20日NHK杯決勝|村山慈明がNHK杯優勝

03月対局 B{まみむめも}棋士

2016年03月20日第65回NHK杯決勝

村山慈明七段 千田翔太五段

f:id:shogifan:20160323120735g:plain

先手番だが手が広くどうしていいかわからない局面。

「勝負の呼吸」を感じる進行だった。

f:id:shogifan:20160323121331j:plain

▲4五歩△3八角成▲同飛△同と▲4四歩△同歩▲8八玉

f:id:shogifan:20160323120739g:plain

村山慈明NHK杯優勝 

▲4五歩とじっと歩を伸ばしたのが気づかない手。玉頭は後手の弱点とはいえ見えずらい。次にすぐどうという手が見えないし・・・。

この「無言の圧力」のような手に千田(ちだ)五段は困ったようで考え込んだ。

飛車角交換になったが、先手▲4四歩の突き捨てからじっと▲8八玉と上がる。

プロ同士だと単純な攻めでは不備を突くきつい反撃がくる。じっと力をためる勝負の呼吸が大事で、われらアマチュアには見えずらい手がよく見られる。

▲4五歩から▲8八玉は地味な進行ではあるが、村山七段の指し手にはほとほと感心させられた。

このあとも終始村山ペースのように見えた。先手村山快勝、NHK杯優勝となった。

千田五段の初出場で準優勝というのも驚異であった。

 

村山慈明(やすあき)七段の表彰式を見ていて「おめでとう」という気持ちがこみあげてきた。気の強そうなわんぱく坊主のような表情だが30歳を過ぎていて、もはや若手とは言えない。2014年に棋聖戦挑戦者決定戦に進出したが森内九段に敗れてしまった。今回の優勝を機にタイトル戦登場にチャレンジしてほしい。