読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治-郷田真隆2016/03/18王将戦第6局|郷田が45歳にして人生初の「防衛」

2016/03/18第65期王将戦七番勝負 第6局

先手:羽生善治名人 後手:郷田真隆王将

f:id:shogifan:20160321233859g:plain

8一の飛車がじっと△6一飛(好手)とまわって▲2四歩と突いた局面。後手にとって悩ましい局面だった。

f:id:shogifan:20160321234618j:plain

△2四同歩▲2三歩△同玉▲3五歩△6五歩

f:id:shogifan:20160321233906g:plain

郷田が45歳にして人生初の「防衛」

2四同銀と取りそうな局面だが△同歩と取った。▲2三歩のたたきから▲3五歩と突くのが嫌な攻め。後手も△6五歩と急所攻撃。

角が3一まで利いて1五桂が残るから後手玉は危なっかしい。なんとも大胆で力強い指しまわしに見えた。先手に攻めさせてうまく反撃し、後手郷田勝ちとなった。

郷田さんは4-2で王将初防衛を果たした。また、人生初の「防衛」でもあった。これまで棋聖棋王など獲得しても翌年防衛はできなかった。45歳初防衛は将棋界で最年長記録かな?

 

今回、”羽生奪取、五冠復帰”かと予想していたが・・・

思い返せば1992年に21歳四段で谷川さんを破り王位獲得という衝撃的な郷田さんだった。しかし翌年羽生さんに獲られ、翌年、翌々年と連続挑戦した。3年連続の大勝負だったが郷田さんは防衛も奪還も成らず敗れた。

あのとき郷田さんが勝てば棋士人生を快走したと思うが、羽生さんに完全に勢いを止められてしまった。それ以来羽生さんから一度棋聖を奪ったことはあったが、対戦成績はほぼダブルスコアという大きな負け越しであり、天敵であった。

あの日苦杯を喫した天敵羽生さんを下し、45歳にして初めて防衛を果たした。四段でタイトルを獲り、スピード出世の郷田さんだったが、むしろ今棋士人生の全盛期真っ只中である。