読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|佐藤天彦-渡辺明2016年3月6日棋王戦第3局|渡辺の素晴らしい大局観

2016年3月6日 第41期棋王戦五番勝負 第3局
佐藤天彦八段 対  渡辺明棋王

f:id:shogifan:20160307222203g:plain

▲2一飛成と桂馬を取ったところ。

後手は飛車が取れるが・・・。

f:id:shogifan:20160307222537j:plain

△8三銀打 

f:id:shogifan:20160307222220g:plain

渡辺の素晴らしい大局観 飛車損でも後手良し

 2図から数手後、田中寅彦九段が「△8三銀打で(先手が)悪いってことがあるんですかね。あるわけないですよね、絶対何か寄せがあったはずなんですよ」とぼやいていたという。

そのぼやきはよくわかる。後手は桂馬を取られて飛車損のうえに戦力ダウンの銀打ちである。

しかしよく見ると、後手はと金が2枚で飛車取りが残る。穴熊同士でも後手の穴熊の方が全然厚い。渡辺さんのことだから、8四桂の防ぎで(2八とは8四桂で先手勝ち筋)仕方なく銀を打ったというより、「飛車損でも後手良し」と自信を持って銀を打ったのではないか。渡辺さんの大局観は素晴らしかった。

2図から▲2九飛△5六角▲6三歩△6七と・・・大激戦が続き、170手で後手渡辺勝ち。

追記:渡辺棋王が敵の土俵にのらず、意表の「ゴキゲン中飛車」で相穴熊戦にしたのが秀逸でした。