読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠 vs 桐山清澄 1978-01-07 棋王戦|中原、妙手で大勢を制す

1978(昭和53)-01-07第03期棋王戦本戦勝者組決勝
*「中原 誠名人」vs「桐山清澄八段」

f:id:shogifan:20160309222608g:plain

向飛車から飛車交換になった。後手は△5八歩とたらして、と金攻め。

先手に意外な手が・・・。

f:id:shogifan:20160303214401j:plain

▲5五飛

f:id:shogifan:20160309222624g:plain

中原、妙手で大勢を制す

▲5五飛と天王山に打ったのが妙手。

よくみると後手はひどい。5三歩成を受ける思わしい手がない。6二金や5二銀は6五桂と足される。

▲5五飛は妙だが絶対の打ち場所だった。同じようでも、5六飛だと2五飛成から6四桂があって紛れそう。▲5五飛で2五の桂馬は取られず、自陣の受けにも利いた。大勢を制した攻防の妙手であった。

2図以下△6四角▲5三歩成△5九歩成▲5二歩△5八と▲5一歩成と、と金合戦になったが先手中原勝ち。