読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|森下卓 vs 羽生善治 1988-12-03 天王戦|羽生の怪しげな動きからの好手

12月対局 A01羽生善治.永世六冠.七冠独占

1988/12/03第4回天王戦決勝*

「森下 卓五段」vs「羽生善治五段」

f:id:shogifan:20150512082854p:plain

矢倉戦で△6二飛戦法だが、角をぶつけて交換になった。ここから後手羽生の動きが怪しげだった。

f:id:shogifan:20160219033049j:plain

△3七歩▲同 桂△6五飛 ▲8二角 △3六角 

f:id:shogifan:20150512082900p:plain

羽生の怪しげな動きからの好手

 △3七歩と焦点の歩を打ち捨て。▲同桂に△6五飛と走る。何やら怪しげな動きだった。

こうされるとついつい空き巣に▲8二角と打ちたくなり、事実打ってしまったが、これが大悪手。4七銀と上がるところだったらしい。

△3六角が好手でひどいことになった。6七飛成があるので▲6八玉と上がったが △2七角成▲3九飛 △3六歩で後手優勢となった。短手数で後手羽生勝ち。 

森下さんは羽生さん相手だと、大きな見損じでバッタリということがしばしばあったようだ。本局はまるでハメ手にハマったような一局であった。