読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治 vs 谷川浩司 1992-10-20 竜王戦1局|その1  伝説の谷川の絶妙手 詰めの名人谷川の名局

1992(平成4)10/20第05期竜王戦七番勝負第1局

羽生善治王座」vs「谷川浩司竜王

f:id:shogifan:20150508061853p:plain

相掛かりの終盤戦。

△4七歩成と成捨て▲同金と取った局面。

考えられない手が出た。

 

△5七桂

f:id:shogifan:20150508061905p:plain

伝説の谷川の絶妙手△5七桂 詰めの名人谷川の名局

△5七桂 !? と谷川さんは打った。

5七歩成が目につくが、2四飛で思わしくないらしい。とはいえ桂馬の王手は見えない手。歩が成れる場所だし、角の利きを止めて▲7九玉と逃がしてしまうではないか。通常は筋ワルで考えない手である。

2図以下、▲7九王△7六歩 ▲同 銀 △同 飛 ▲5四銀 △同 王▲5五歩 △同 銀 ▲2四飛 △同 歩 ▲6五角 △6四王▲7六角(3図)と進行。

伝説の絶妙手だが△5七桂の局面だけでは、なぜ絶妙手なのかわからないところが深いところだ。谷川さんはこの桂馬を超難解な詰みまで読んで指したのであった。

また、最後6三玉と歩を取ってしまうとダメで△6四玉が絶対の手であった。その意味はこのあとわかる。▲7六角の続きは別ページその2で。

本局は谷川さんの名局。

f:id:shogifan:20160217053137p:plain