読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治 vs 森下卓 1989-09-18 竜王戦|羽生逆転の好手  島竜王に挑戦

09月対局 A01羽生善治.永世六冠.七冠独占

1989-09-18 第02期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局

羽生善治五段」vs「森下 卓五段」

f:id:shogifan:20150512083005p:plain

挑戦者がかかる番勝負。角換わり棒銀にうまく対処した森下ペースだった。

先手は3五の銀取りをどうするかという局面。

f:id:shogifan:20160219033314j:plain

  ▲3九玉

f:id:shogifan:20150512083009p:plain

羽生逆転の好手 島竜王に挑戦

1図で2六銀だと4四桂が痛い。だから銀を取れるし、森下さんは良いと思っていたようだ。

ところが▲3九玉と落ちたのが好手。3五歩なら7八飛と取り返して先手良し。森下さんは完全に見落としていただろう。これが見えていれば前の指し手は違っていた。これがあっては逆転した。

2図で森下さんは泣く泣く△7七成銀と逃げたが▲2六銀 △同 銀 ▲同 飛。今度は4四桂は無効で、銀が生還して持ち駒になった。以下△4四銀▲7三歩△7一歩▲8四と。と金が間に合う展開になって完全に先手ペースに。

先手羽生勝ち、島竜王への挑戦者となった。

羽生さんは当時逆転勝ちが目立ち、”羽生マジック”とよく言われた。相手が間違えてそれを的確にとがめるから、よく逆転勝ちをした。相手のミスをとがめるのは容易でなく、羽生さんはそこが見事だった。