読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|米長邦雄 vs 有吉道夫 1973-07-20 棋聖戦4局|強烈な好手と大悪手 米長が初タイトル棋聖を獲得

1973/07/20第22期棋聖戦五番勝負第4局*「米長邦雄八段」vs「有吉道夫棋聖

f:id:shogifan:20150426222357p:plain

後手が2度勝ち筋を逃して怪しい雰囲気ただよう局面。 

f:id:shogifan:20160228222633j:plain

 ▲3三桂打△3一銀▲2一桂成△同 王▲1三桂打△2二王▲8六竜

f:id:shogifan:20150426222433p:plain

強烈な好手と大悪手 米長が初タイトル棋聖を獲得

▲3三桂打ちが強烈な好手。同桂だと、1三銀から詰む。先手は自陣に5五の馬が利いている。

有吉棋聖は混戦になって冷静さを失っていたか? △3一銀が大悪手。金を打つのだった。

△2二玉と立った時に▲8六龍! 2一金を見た決め手。3一金ならこの手はなかった。完全に見落としていた。有吉先生飛び上がっただろう。

2図以下△2五銀、 8七竜と馬を取れては勝負あった。後手玉を寄せて先手勝ち。

米長先生が初タイトルの棋聖を獲得した将棋なので、実戦集に書かれて、2図の局面はよく知られるようだ。