読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|櫛田陽一 vs 米長邦雄 1982-06-00 角落ち|なにかの間違いじゃないかと思った

1982/06/00角落ち 決戦大駒落(近代将棋企画)

「櫛田陽一都名人」vs「米長邦雄棋王」 

f:id:shogifan:20150423071757p:plain

 角落ちで櫛田さんがアマ強豪時代の将棋。米長棋王がとんでもない手を指した。

 f:id:shogifan:20160228222927j:plain

△3三玉▲4六歩△2二飛

f:id:shogifan:20150423071809p:plain

櫛田「なにかの間違いじゃないかと思った」

と言った△3三玉が意表の妙手。2一飛成と桂馬を取って成れるのではないか。

だがそれは2二飛とぶつけて、このとき6九玉型がひどいし、上手はやすやす入玉してしまう。本譜も△2二飛とぶつける。

2図以下▲2五歩、1三桂、3七桂、2五桂、同桂、3二玉、7九玉、2四歩と進行。上手桂馬を捨てて3二玉と引いて△2四歩と打つのが強引な手順だった。

その後上手が2筋を突破して飛車を成る展開になった。上手米長勝ち。

久しぶりに米長邦雄九段の古い著書「逆転のテクニック」を読んだ。この本で主張されているのが「長所を伸ばすように指し手を組み立てる」ということ。

本局は、玉の身軽さを長所にしようという奇抜な発想だった。