読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴 vs 中原誠 1972-05-18 名人戦5局|その1 大山、定跡になった好サバキ

A02大山康晴.十五世名人.五冠独占 05月対局

1972/05/18第31期名人戦七番勝負第5局*「大山康晴名人」vs「中原 誠十段」

f:id:shogifan:20150418072143p:plain

四間飛車vs棒銀によく見られる局面だが、先手は最初から三間飛車だった。ここからのサバキがきれい。

f:id:shogifan:20160218213211j:plain

▲5五歩△同角▲6七銀 

f:id:shogifan:20150418072152p:plain

大山、定跡になった好サバキ

5八金の形なら6七金と上がるのがおなじみの定跡形だ。

本局は三間飛車なので、四間飛車より手得していて4七金の形。大山名人には用意の手があった。

▲5五歩と角を呼んで▲6七銀がうまいサバキ。2図、棒銀なので7五銀と出れなければおかしいが、7五銀だと5六金、2二角、6五金があって後手はいやだ。4七金型を生かした金出の反撃が面白い。

実戦は2図以下、△7八飛成、 同 銀、7九飛、6七銀、8九飛成、5六銀、6六角、8二飛と進んで先手優勢となった。▲5六銀と角を呼んで▲8二飛が好手順だった。

77手まで、先手大山名人の会心譜となった。大山名人が指したこの手順は定跡になった。