読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

詰将棋|塚田正夫『塚田詰将棋代表作』68番|意外な手段

塚田正夫『塚田詰将棋代表作』68番

f:id:shogifan:20150513204150p:plain

詰将棋作家としても巨匠であった塚田正夫名誉十段の作。初手の王手が多く紛れがある。

f:id:shogifan:20160218011237j:plain

 ▲3四桂△同歩▲3三角(2図)△1二玉▲2二飛△同銀▲同角成△同玉▲2三銀打まで、9手詰め

f:id:shogifan:20150513204158p:plain

意外な手段

2三飛と打って成り捨てる? 3二飛捨て? 1三角捨て? どれもさっぱり詰まない。

▲3四桂は見えるが、△3三角(2図)が見えづらい手。同桂は2三飛、1二玉、1三銀成まで。これがわかってゴールだ。

△1二玉と逃げる延命策が詰将棋の妙だが、▲2二飛から精算して詰む。

▲3四桂から3三角は、きれいな手筋というより強引な手段で、意外だった。

収束は駒取りが入りきれいとはいえないが、塚田作品にはしばしば見られる。実戦形で形良い。塚田詰将棋のなかで好きな作品。

※『塚田詰将棋代表作』は没後だいぶ経った平成11年に将棋連盟刊行